大根
さっぱりとした口当たりが食欲を増進すると共に、含まれているジアスターゼが消化を助けます。「大根役者」という言葉があるように当たった試しがない、食あたりの予防もします。また、皮に近い部分に含まれているビタミンPが血管を強め、高血圧や脳出血を防ぐので、そばの同じような効用と合わさってその作用をさらに大きくします。大根おろしの中のビタミンCは、微量ではあるが、そばのルチンとともに体内で活用されますので、その効率をお互いに高め合い血管がもろくなるのを防ぎます。中高年の人や高血圧症の人々には良い取り合わせです。
 
ねぎ
葱特有の硫化アリル(アイリン)は、ビタミンB1の効果を著しく高めます。特にこのアイリンは揮発性ですので生の刻みねぎを用いている薬味は、その知恵が生かされているわけです。そばはビタミンB1の含有量の多い食品ですが、薬味に添えられたねぎを一緒に食べる事によりB1の吸収をよくし、無駄なく利用されます。そばの効用と合わせて、疲労回復や冷え性、強肝作用などが薬味のねぎによっても高められます。またねぎは、体を温める作用を持ちます。そばと共に食べることにより、体を温め、内臓の働きを盛んにし、血液の循環を良くする効果を持ちます。
 
やまいも
山いもは日本特有の食品で、糖質、たんぱく質、ビタミンB郡・C、ミネラルのほか、ムチンと呼ばれる粘液質、ジアスターゼとよばれる消化酵素、コリン、サポニン等が含まれています。山いもが、ずばぬけて消化が良いのは、大根の3倍もあるジアスターゼの効果です。
また、山いもは昔から「山のウナギ」といわれるほど精がつくことで知られています。これはオクラ、なめこ、ウナギなどと同じくヌメヌメのもととなるムチンの効用で、この成分がたんぱく質を無駄なく活用させるため、滋養、強壮に良いといわれています。
 
鶏卵
良質のたんぱく質を含む完全食品で、ビタミンC以外の成分がすべて含まれています。鶏卵のたんぱく質は、アミノ酸との組み合わせが非常に良く、そのたんぱく価は食品中でもトップで、消化吸収にもすぐれています。
卵黄にはビタミンA・B1・B2、鉄、リンが、卵白はほとんどが動物性たんぱく質で、ビタミンB2も含まれています。以前はコレステロールが多く、常食すると動脈硬化症の要因になるといわれていました。しかし、卵黄に含まれるレシチンが脂肪を乳化させる作用があるため、血中コレステロール値を正常に保ちます。
卵は牛乳と並んで、栄養のバランスに富んだ食品です。普段の食事では不足しがちな必須アミノ酸のリジン、トリプトファンが豊富なうえ、大豆のたんぱく質には望めないメチオニン(アミノ酸)は肝臓の解毒作用に効果的です。
     

出石皿そば 一鶴(イッカク)
兵庫県豊岡市出石町福住字上清水191-1
TEL/FAX:0796-52-6655
営業時間:10:30~19:00
(夕方は売切れご免 18:00以降はご予約をお願い致します)
ご注文・お問合せは ←ポストをクリック

蕎麦の効用 薬味の効用 一鶴饗主ご挨拶 お品書き・マップ そば掲示板
 蕎麦の通信販売 特定商取引法の表記 リンクページ
個人情報保護方針 トップページ